この国は、ヒトが住むに値する国か?

この国で暮らすことの困難は、外国籍の人びとや日本民族以外の人びとにとってどれほどか、想像してみたい。



(社説)
外国人の就学 社会の姿勢が問われる
2019年10月4日:朝日新聞

 制度のすき間に落ち、社会に疎外感を抱きながら成長していく――。そんな状態を放置しておいていいはずがない。
 小中学校に通う年齢なのに、どこにも就学していない外国籍の子が、2万人近くいる可能性があるという。文部科学省が全国の教育委員会を通じて調べた。住民基本台帳にはその年代の子が約12万人登録されているから、6人に1人が学校教育から閉めだされている計算だ。
 もっとも、「不就学」がはっきり確認できたのは1千人だけで、残りの約1万9千人は、そもそも教委が子どもの存在を把握していなかったり、保護者に接触できなかったりで、実態はわかっていない。正確な状況をつかめないこと自体が、問題の深刻さを映し出す。
 しかも、こうした外国人の家庭に対し、多くの市区町村が就学を促す働きかけを行っていない。また、入学前に送る案内も日本語だけで表記している例が珍しくなく、送付すらしていないところもある。
 こうした消極的な対応の背景には、外国人の児童を就学させる義務を定めた法律がないことがある。だが、国際人権規約は「すべての者」に教育機会を与えるよう加盟国に求めている。どの国に住もうと、子どもには教育を受ける権利がある。
 政府・国会はすみやかに制度の見直しに取りかかるべきだ。各教委もまた、国際交流を担当する他部局や民間団体の力も借り、対象者に通知するなどして就学に道を開く責務がある。
 教委側の事情もわからないではない。不就学の子を探し出しても、対応できる教師や通訳の数は少なく、支援のための予算も限られる。実際、学校に来ても日本語がわからず、授業についていけないまま姿を消してしまう子もいる。国は市区町村に対応を迫るだけでなく、人材の育成・雇用に必要な財政支援を惜しんではならない。
 少子高齢化の対策として、安倍政権は外国人労働者の受け入れ拡大にかじを切った。今後、日本に定住し、長じてその一員として社会を支える外国籍の子が増えてゆくのは間違いない。生活や仕事の基礎を身につけるには教育が不可欠だ。
 文科省の別の調査によると、日本語が母語でない高校生の中退率は平均の7倍以上で、非正規職に就く率や、進学も就職もしない割合も高い。安定した仕事をもたない若者が増えれば、影響は社会保障など各方面に及ぶ。外国籍の子の学びを保障することは、当人はもちろん、社会全体の利益につながる。
 外国人を仲間として迎え入れ、真の共生社会を築けるか。国のあり方が問われている。


週のはじめに考える 先住民族差別に決別を
2019年10月6日:東京新聞

 日本国民だが、日本人ではない-。国籍取得した人以外にも日本にはそう答える人たちがいます。「先住民族」。差別を受忍している人たちでもあります。
 東京・上野の国立科学博物館。日本の成り立ちを探る日本館に、精巧なろう人形で石器時代から江戸期までの日本人の暮らしを再現するコーナーがあります。その最初、約二万年前の狩猟採集民族として登場するのが、沖縄の港川(みなとがわ)人です。五十年ほど前、沖縄県八重瀬町で見つかった国内最古級の全身骨格が有名で、同博物館にも複製が展示されています。
◆「港川人」は日本人?
 ただ、沖縄には港川人を日本人(日本民族)の祖先のように扱われるのに疑問を抱く人がいます。
 「明治の琉球併合(処分)まで琉球は日本とは異なる国として歩んできた。遺伝学的にはともかく港川人は『琉球人』の祖先だ」
 沖縄出身の松島泰勝・龍谷大教授は強調します。沖縄では十五世紀、琉球王国が誕生。中国と朝貢関係を結び江戸期には島津藩の一定の支配を受けたとはいえ一八五〇年代には、米国、フランス、オランダと修好条約を締結。国際法上は紛れもない主権国家でした。
 一八七九年、軍と警察が王府・首里城を囲んでの併合以降、日本政府は琉球の歴史、文化、言語を排除して「皇民」とする同化政策を進めました。一方で二十年以上にわたり国政選挙権は認めず、一九〇三年の内国勧業博覧会では「学術人類館」に沖縄の女性らを民族衣装姿で“展示”するなど、同胞と異民族扱いを使い分ける二重構造下に置きました。
 民族的な差別は、今もはっきりとした形で続いています。
 約九十年前、京都帝大(現・京大)の人類学者が沖縄県今帰仁村(なきじんそん)にある中世の豪族の墓から子孫らに無断で遺骨を持ち出しました。
◆権利の規定なし
 日本民族との差異を調べるためです。遺骨は慰霊もされず、現在まで京大が保管。二年前、沖縄の地元紙の報道で事実が明らかになるや県民らの返還運動が起きますが、大学は一切話し合いに応じず県民らの有志は昨年末、訴訟に踏み切りました。大学は研究目的の収集に違法性はなかったと主張し争いは続いています。七月には日本人類学会が京大に不返還の方針を堅持するよう要望書を出し、原告側は猛反発しています。
 外来の侵略者や植民者が、先祖伝来の土地に住む人たちの権利を奪い差別する-。植民地主義の反省を踏まえて国連は二〇〇七年、先住民族の権利に関する宣言を採択。先住民族にもあらゆる人権や自己決定権が保障されると明記しました。遺骨返還の権利や、先住民族の土地での合意のない軍事活動禁止も盛り込まれています。
 宣言には先住民族の定義はありませんが、植民地化の被害者との意味では世界七十カ国以上に三億七千万人いるとされます。国連は日本ではアイヌ民族と沖縄の人々を先住民族と認め、〇八年以降、その権利を保障するよう日本政府に勧告を繰り返しています。
 一方、政府は先住民族はアイヌだけとの立場で、宣言に賛成したにもかかわらず沖縄については勧告の撤回や修正を求めています。
 では、アイヌ民族の権利は十分に守られているかとなると、さにあらず。アイヌも明治政府によって住んでいた大地を無理やり日本領に編入され、長く差別と闘ってきました。遺骨収奪にも遭いました。ようやく、条文に「先住民族」と記されたアイヌ施策推進法がことし五月に施行されましたが、権利の規定はありません。
 先月、北海道紋別市でアイヌの男性が、先住民族の権利だと訴えて道の許可を得ずに儀式用のサケを捕獲し、道警の調べを受けたのは象徴的です。先住民族問題に詳しい上村英明・恵泉女学園大教授は「権利も、謝罪を含む歴史検証もない新法は国際水準の人権法になっていない」と批判しています。
 沖縄には「県民は日本人」として政府同様、国連勧告の撤回を求めている自治体があります。先住民族と名乗ることで、新たに差別を受けると考える人もいます。
◆同化と異化のはざまで
 しかし、政府や本土側住民が沖縄やアイヌの人々にしているのは国連宣言に背く行為そのものではないでしょうか。本土での理解が得られないから沖縄で我慢を-。辺野古新基地問題も、そんな構造の一環にあると言えましょう。
 沖縄には、国連の先住民族関連会合に毎年参加し、国際社会に現状を訴える若者らがいます。その一人、沖縄大非常勤講師親川志奈子さんは「同化と異化のはざまで何百年も差別を受けてきた沖縄。差別されていると声を上げるのは辛(つら)いが、沈黙では状況は変わらない」と話します。私たちは、その声に真摯(しんし)に耳を傾けるべきです。


「韓国擁護すれば非難される雰囲気」
 安倍政権の動向にも警戒=日本人司教
2019年10月9日:朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】日本カトリック正義と平和協議会の勝谷太治司教は9日、ソウル近郊の京畿道坡州市で開かれた国際学術大会の基調講演で「最近、日本では韓国を擁護するような発言をすれば非難されるおかしな雰囲気になり始めた。私も被害者の一人だ」と明らかにした。
 
 勝谷司教は、インターネットやマスコミを通じて一部の歴史家や右翼の歴史修正主義者の意見がまるで日本人の大部分の意見であるかのように日本社会に広がっていることに懸念を示した。
 カトリック札幌教区で教区長を務める勝谷司教は、札幌の状況を伝えた上で日本政府とメディアの報道に苦言を呈した。
 札幌でも多くの韓日交流行事が中止になったことや、市民たちがこのような状況を心配していることも紹介。あちこちで韓日友好キャンペーンが繰り広げられていると伝えた。ただ「札幌の玄関口である新千歳空港では仁川から到着する韓国人旅行客に手土産や歓迎のメッセージを渡しているが、このような市民のキャンペーンはほとんど報道されていない」と指摘。むしろ韓国を非難する報道やそれにより発生する事件が多く報道される状況を嘆いた。
 勝谷司教は、安倍晋三首相が主張する「積極的平和主義」について、軍事的に世界に貢献する国を作ろうとしているが、日本で「平和」は「東洋平和」という意味で使われ、日清、日露、日中戦争の際に戦争の大義を示した言葉だったと指摘した。
 その上で、日本の教会がこれを最大限警戒すると同時に、平和憲法を守るため努力していると強調した。
 カトリック議政府教区民族和解委員会とカトリック新聞が「韓日関係の歴史、そして記憶の癒やし」をテーマに共催したこの日の学術大会には、韓国と日本、ロシアのキリスト教関係者、韓国学の専門家らが出席した。


過酷な労働強いられた
朝鮮人徴用工の事実
三菱重工業長崎造船所で勤務 西山進さんに聞く
2019年10月12日:東京新聞・こちら特報部

 戦後最悪といわれる日韓関係の火種となった元徴用工問題。対立は安全保障や経済の分野にも及んでいるが、日本各地に存在し、かつては広く知られていた朝鮮人徴用工の実相が語られることは少ない。戦後74年が過ぎ、劣悪な労働環境や民族差別の重い事実が忘れられていることが、問題の背景にあるのではないか。長崎市の造船所で徴用工と一緒に働いていた原爆被爆者に、当時の様子を尋ねた。
(稲垣太郎、中山岳)

ボロボロの服■危険作業で死亡■被爆

 「朝鮮人の徴用工たちの作業服はいつもボロボロで、穴があき、汚れていた。人間の扱いじゃなかった。一着しかなくて着替えられなかったのだと思う」
 三菱重工業長崎造船所(長崎市)で被爆した漫画家の西山進さん(91)は福岡市の自宅で、戦時中に見た朝鮮人徴用工たちの姿を思い浮かべた。
 西山さんは大分県の国民学校を卒業し、1942年に同造船所の寮に入り、働き始めた。「いつからだったか、急に朝鮮人の徴用工が増えた」
 徴用工たちは毎朝、山の向こうの1㌔ほど離れた寮から、峠を越えて100人ほどが隊列を組み、力なく歩いてきた。「栄養失調のせいかやせ細っていた。気力がない感じでした」
 造船所で朝鮮人徴用工たちがさせられていたのが、巨大な船の船体をびょうでつなぎ合わせる「カジメ」という作業。ひもでつるした足場の渡り板に乗り、下にいる徴用工が放り上げるびょうを受け取って、打ち込んでいく。びょうは真っ赤に熱してあり、素手では触れない。「最も危険な仕事。足場は不安定で、転落死する者もいた」
 工場での他の作業でも、「朝鮮人徴用工が上司から殴られているのをよく目にした。そのたびに、私の職場の徴用工が止めに行っていた」という。
 45年8月9日午前11時2分。原爆が落とされたとき、西山さんは3・6㌔離れた造船所の工場内で被爆した。「閃光が走り、作業台の下に逃げ込んだ。ものすごい爆風が向上を通り過ぎ、窓ガラスが割れ、物が倒れた」
 15日に終戦を迎えると、造船所は朝鮮人徴用工たちに大量の食糧と酒を与えたという。「散々ひどい扱いをしたから、仕返しを恐れて大盤振る舞いしたのだろう」。終戦を期に、朝鮮人徴用工たちは解放され、多くは朝鮮半島に戻ったという。
 西山さんは終戦後の一時期、同造船所の別の朝鮮人徴用工の寮に住んだ。「畳もボロボロで豚小屋みたいだった。よくもこんな所に住まわせていたものだと驚いた」と日本人量との違いを感じたという。
 同造船所で働いていた元徴用工には戦後、裁判を起こした人たちもいた。韓国の金順吉さん(故人)は、朝鮮半島から強制連行され、被爆後故郷に戻った。92年、国と三菱重工に慰謝料と帰国費用、三菱に未払い賃金の支払いを求めて長崎地裁で提訴した。
 97年の一審判決は訴えを棄却。しかし、事実認定で、徴用から逃げようとした金さんが日本人巡査に軍用輸送列車に乗せられ、釜山の埠頭近くの旅館で暴行を受け、日本に連れて行かれたことを認めた。引き取り人に殴られたり蹴られたりしたうえバリカンで丸刈にされ、旅館には逃亡防止用の監視役までいたという。

デスクメモ
 長崎、広島の原爆、東京大空襲など全国の空襲では多くの朝鮮半島出身者が犠牲になった。調査はほとんど行われず、戦後の補償はおろか、遺骨が故郷に戻っていない人も多い。彼らはなぜ、日本で被害にあったのか。突き詰めていくと、植民地化の歴史は避けて通れない。 (本)

企業「徴用あったか答えようがない」

 2016年には、日本に住んでいて徴用され、同造船所で被爆した韓国人の李寛模さんら3人が長崎地裁で長崎市を提訴、同市内で被爆したことを証明できないとして、被爆者手帳の交付申請を拒否した処分の取り消しを求め、今年1月に勝訴した。
 前出の西山進さんはこの裁判に協力。原告側代理人の弁護士らに、当時の徴用工たちの様子を漫画を描きながら説明した。
 同造船所には6000を超える朝鮮半島出身者が徴用されたといわれる。三菱重工業に問い合わせたが、「昔のことで資料などが残っておらず、確認できない。人数や時期などに加え、重用があったかどうかということも含め、答えようがない」との答えだった。
 西山さんは「徴用工たちにひどい扱いをした上に被爆までさせたのに、重用したことさえ認めない。歴史に向き合っていないということだ」と声を震わせる。
 「徴用は国策だったから当然、国にも責任がある。日本政府は保証は済んだとことと言うが、元徴用工の人たちに謝罪と補償が届いていないからこそ、今も徴用工問題が続いている。安倍晋三首相は、三菱重工が長崎造船所の元徴用工の人たちに謝罪し、話をしっかり聞いたうえで補償するように言うべきだ」と語気を強めた。

日韓改善へ「被害踏まえ救済を」
松代大本営、相模ダム…全国各地に

 戦時中、日本政府は労働力不足を補うため朝鮮半島から徴用工ら多くの労働者を動員した。
 太平洋戦争末期の1944年から終戦まで、本土決戦に備えて建設された地下壕「松代大本営」(長野市)では、強制的に動員された朝鮮人の数千人が働いていたとされる。「もう一つの歴史館・松代」の運営委員会のメンバー小笠原俊文さん(68)は「朝鮮人労働者は日本人より報酬が安く、より危険な仕事、長時間労働を強いられた。厳しさに耐えかねて逃亡する人もいた」と話す。地下後の掘削はダイナマイトを爆破させて岩を崩す危険な作業。爆破に巻き込まれる事故や落盤で少なくとも100人ほどがなくなったとみられる。
 40年から7年かけて完成した相模ダム(相模原市)の建設工事では、日本や朝鮮、中国の延べ約350万人が動員され、朝鮮人が6割ほどを占めていた。工事による死者は少なくとも83人で、うち朝鮮人は19人、死因は作業中の転落死や栄養失調に伴う病死などだった。
 日本に動員された朝鮮人徴用工に関する著作がある朝鮮史研究会の樋口雄一氏は「朝鮮人徴用工は各地の工場、炭鉱などで労働に従事していた」と話す。そもそも朝鮮総督府による労働者の動員は、農業の合理化を進める狙いもあったと指摘。「小規模で貧しい農家の次男や三男が自分の意思と関わりなく集められたケースが多い。日本で過酷な環境で働かされた元徴用工に対する個人の賠償は解決されていない」と話す。
 今の日韓関係の悪化は、元徴用工問題を巡り韓国大法院(最高裁)が昨年10月、新日鉄住金(現日本製鉄)に賠償を命じた判決がきっかけだ。だが、日本国内でも、韓国人元徴用工や遺族らが日本企業や政府に賠償を求める訴訟が90年代から各地で起きた。多くの裁判で訴えは退けられたが、企業と和解したケースもある。日本鋼管(現JFEホールディングス)の川崎製鉄所で働かされた元徴用工の男性が日本鋼管に損害賠償を求めた訴訟は、東京高裁で99年に和解が成立。同社が410万円を男性に支払った。日本製鉄の釜石製鉄所(岩手県釜石市)にいた元徴用工らの遺族11人が起こした訴訟は、東京地裁で97年に幼児の新日本製鉄が慰霊金を払うことなどで和解した。
 「戦後補償問題を考える弁護士連絡協議会」高木喜孝弁護士は「原告の請求が棄却された訴訟にも、強制連行の違法性を認めたケースもあった」と指摘。これまで日本政府や企業が元徴用工らの被害に正面から向き合ってこなかったことが、日韓対立の底流にあるとみる。「昨年の韓国大法院の判決以降、日韓両政府が排外主義を強めているのは残念だ。今こそ元徴用工らの包括的な救済を図る契機にしてほしい」と話す。
 樋口氏も「日本政府は、植民地だった朝鮮半島から多くの労働者を日本に連れてきて過酷な労働をさせた事実をまず踏まえるべきだ。強制的な動員の実態や労働現場が不明な点もまだ多く、調査すべきだ」と話している。


(「隣人」 日本からの視線:1)
日韓、属性で分けず共感探ろう
 平野啓一郎さん
2019年10月11日:朝日新聞

 日韓関係が悪化する中でも、文学をめぐる状況はやや様相が違う。日本では韓国文学のベストセラーが生まれ、翻訳が続いている。「個」を取り巻く状況や苦悩には通じるところが多いからだろう。国の違いを超えた共感の結びつきを、どう深めていけるか。小説家の平野啓一郎さんに聞いた。
     ◇
 ――日韓関係が過去最悪と言われています。「嫌韓」をあおるワイドショーや週刊誌が目立ちます。
 「僕は韓国人の友人が多いし、韓国には読者もいます。腹が立つと同時にすごく傷つきました」
 「韓国の問題になると、メディアは無責任に反感をあおり、嫌悪感や敵意を垂れ流しにしています。元徴用工問題の韓国大法院判決文も読まないような出演者にコメントさせてはいけない。みんなまず、あの判決文を読むべきですよ。日本語訳で四十数ページ。技術を習得できると期待して応募したら、危険度の高い労働環境に置かれ、賃金を支給されず、逃げ出したいと言ったら殴られた。悲惨ですよ」
 「元徴用工、李春植(イチュンシク)さんのインタビューを読むと、今の技能実習生の問題と生々しく重なりました。労働者は大切にされるべきだという価値観があれば、判決文を読んでショックを受けないはずはありません」
 ――判決文やインタビューを読むことで見え方が変わるのですね。
 「いきなり国家利益の代弁者になって考えるのではなく、まず一人の人間として彼らの境遇を思うことが大切です。小説は、韓国人とか日本人、男とか女というカテゴリーを主人公にはできません。徴用工というカテゴリーで見るのではなく、一人の個人として注目すると、僕たちはいろいろな共感の抱き方ができる」
 ――韓国文学が日本でブームになるなど、文化をめぐる関係は友好的です。
 「僕と世代が近いキム・ヨンスやウン・ヒギョンなどの現代小説は、日本の読者が等身大で共感できる人物が繊細に描かれていて、現代を生きる上で彼らと多くの問題を共有していることがわかります。韓国人は民族的にこうだ、などと粗雑な話はできません」
 ――昨秋に刊行した「ある男」は主人公を在日3世の設定にしました。主人公を描くときに考えていたことは。
 「多くの人が人生のどこかで、在日の友人や知人と接触を持ってきたはず。小学校や中学校でクラスにいた在日の友達を思い、彼らが今この時代をどう過ごしているかなと考え出すところから、自分なりのアプローチが可能かもしれないと思うようになりました。親しい人、よく知っている人というところから共感を探っていくことはできると思います」
 ――日韓の人々はどうすれば共感し合えるのでしょうか。
 「属性によって人を判断するのではなく、一人の人間を見るべきです。そして、一人の人間の中にも、複数の属性が複雑に共存している。ノーベル経済学賞を受けたアマルティア・センが『アイデンティティと暴力』で、個人のアイデンティティーを一つに特定することが一番悪いと言っています。対立をあおる人々は、あの人は韓国人だ、イスラム教徒だ、とカテゴライズする。複雑さを認め合い、どこかの接点から関係を築いていくことが重要です。カテゴリーぬきに相手の人生を見れば、共感できるところはいくつもあるはずです」(聞き手・中村真理子、写真は嶋田達也撮影)
     *
 ひらの・けいいちろう 小説家 44歳 1975年生まれ。99年に「日蝕(にっしょく)」で芥川賞。代表作に「決壊」「マチネの終わりに」など。20冊ほどの著作が韓国で出版されている。日中韓の作家が集まる東アジア文学フォーラムで日本側の代表を務める。

 ◇隣人である日本と韓国。関係悪化の中、改めて両国の深い関わりを考えるインタビューシリーズを始めます。両国以外の識者らも交え、多様な視点を紹介していきます。

 ◇アンケート「日韓関係をどう思いますか?」をhttp://t.asahi.com/forumで実施中です。携帯からQRコードでも読み取れます。ご意見はasahi_forum@asahi.comでも募集しています。


韓国歴史教科書 
金日成の功績記述し日本の功績消えつつある
2019年10月13日:夕刊フジ

 日韓外交でたびたび火種となるのが両国の歴史認識の相違だが、その根源を探るため、韓国の最新歴史教科書を検証してみよう。
 韓国の教科書事情に精通する韓国人作家の崔碩栄氏が「2010年以降の教科書記述の変化」と指摘するのは、北朝鮮に関する記述だ。近年の歴史教科書では、金日成の抗日運動についてこう記されている。
 〈1937年6月、東北抗日聯軍内の韓人部隊員たちは鴨緑江を渡って咸鏡南道普天堡地域を襲撃した。彼らは警察駐在所や面事務所、消防署など日帝の行政官庁を攻撃し、追撃した日本軍を奇襲攻撃して被害を与えた。この作戦を成功させた金日成の名前も国内に広まることになった〉(『高等学校 韓国史』東亜出版)
 この事件は歴史学者の間でも諸説あり、金日成の関与に疑義を示す声もあるが、教科書は「史実」として掲載している。韓国の教科書事情に精通する韓国人作家の崔碩栄氏が解説する。
 「北朝鮮の指導者の功績を韓国の教科書が触れるなど、一昔前では考えられなかった。南北はいまだ戦争中であり、北への賛美などあってはならないという政府の方針があったからです。こうした変化は、昨今の南北融和路線の影響だと思います」
 戦後の主要トピックは、1965年の日韓国交正常化だ。こう記述されている。
 〈両国外交の出発点となったが、植民地支配の謝罪と賠償はなかった。無償3億ドル、有償2億ドルの援助があったが、これは経済協力の名のもとに行なわれた。日本の戦争責任は果たされなかった〉(同前)
 一方、宮澤喜一内閣で河野洋平・官房長官が出した河野談話(1993年)については、〈強制連行について日本軍の関与を認めた〉(同前)と評している。
 1960~1970年代の経済成長「漢江の奇跡」については、〈日韓国交正常化以降に入ってきた日本の資本と、ベトナム戦争による米ドルの流入が、この時期の経済発展に寄与した〉(同前)として、日本の経済支援が一助になったことに言及している。
 ただし、「漢江の奇跡」については、今年3月、小学校の国定教科書からその記述が削除された。数少ない“日本の功績”の記述は教科書から消えつつある。
 そして、前出の『高等学校 韓国史』では、現代史の項でこんな「課外学習」が推奨される。
 〈日帝占領期の歴史人物や主要事件について動画を作成して発表してみよう〉
 〈日本大使館前で開催される集会に行き、集会参加者にインタビューをしよう〉
 動画編集作業に必要なパソコンのソフトを紹介し、〈背景音楽、字幕、ナレーションなどを通じて躍動感あるように表現〉することを求めている。
 「YouTubeなどで慰安婦問題について広く発信するよう教科書で啓蒙しているといえます」(崔氏)
 ※週刊ポスト2019年10月18・25日号

コメント

非公開コメント