• 教員の過労死を増やす「教員の働き方改革」
    読売新聞の社説子に言いたい「教員は機械ではない」。忙しいときに働いた疲れを、夏休みに休んで取れというのでは、過労死を助長する。教員の働き方改革をテーマにした、せがいやろおじさんのユーチューブで「改正教員給与特別措置法は、足をくじいて、医者に行ったら、骨折させらるようなもの」と喝破していた。教員の労働環境改善を掲げて、教員の不適正・違法労働を合法化して助長する仕組みだ。これでは、ボクのように真面目な...
  • 体裁だけでも“民主主義国家”のうちに…
    昔、どこかの作家が、「桜の木の下には死体が埋まっている」と書いた。中学生の時に、国語の先生から聞いたのだろうか?それ以来、桜をみると、桜の木の下には何が埋まっているのだろうと想像してしまう。ABEくんが見ていた桜の木の下には巨大な虚無が埋まっているように思えて仕方がない。その虚無がこの国を飲み込もうとしている。これはミヒャエルエンデの“モモ”からの拝借。今、目の前には人類文明の危機ともいえる課題が山積...
  • 政治ナッシングが、全体主義の温床
    国会は国権の最高機関の、はずだ。しかし、まるで独裁者のように振る舞う首相は国会を蔑ろにして顧みない。このような、民主主義の根幹にかかわるシステム無視は、国民の政治ナッシングの気分を生み、全体主義の温床をつくり上げている。麻生太郎が言ったように「ナチスから学べ」を実践しているのが「アベ政治」ということだ。臨時国会が閉会 長期政権のひずみ一段と2019年12月10日:毎日新聞 「桜を見る会」をめぐる疑惑に揺れ...
  • ABEくんは「構造的責任」を果たせ
    どうにもこの国の“脆弱性”が露わになるようなことが続いている。拙ブログでは何度も、何度も記しているが、その淵源はお下劣な安倍晋三という人間が長く首相の座にいることに由来する。首相としてここの不正に直接に関わっていなくても、「構造的責任」というものが彼にはある。しかし、彼は責任はあっても、責任を果たすことはしない。口先では「丁寧に説明する」とかと言いながら、今まで、その言葉を実効たらしめたことはない。...
  • 不思議なほど、大きな「喪失感」
    講演は三度聞いただけ、話をしたのは一度だけという、中村哲医師の死をどう受け入れていいのか戸惑っている。身近でない人の「死」で、これほど大きな喪失感を感じたことはない。ボクは、もともと「人はいずれ死ぬもの」と達観してきた。それは、5歳の時に父を突然亡くし、小学生のころには、自分に「人って死ぬものだ」と納得させようと努力をしていたからだ。授業のときに「ボクの外れない『予言』…」と言いながら、「この教室に...